TEAM TACO blog(仮)

プロモデラー岩田トシオ・桜井信之の2名による・きまぐれ雑談場。模型のことなんて書くと思うなよ!!

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ イベント前に悩む事

4時に起きるか…
4時まで起きてるか…

イベント前はいつも悩みます
平均就寝時間から考えても
就寝後30分から1時間と、起床まで約4時間

どう考えても、4時まで起きている方が得意(笑)
でも、これをやるとイベント後の打ち上げや
翌日がキツいんだよなあ…

まあ、なんとかなるだろう
このパターンで20年やってるんだから(笑)

そんな状況で今から幕張へ出発
約2時間の長旅です


桜井
スポンサーサイト
2012/08/26/Sun 04:04:39  未分類/CM(-)/TB(-)/

§ 第三空母

仕事の合間、ポリパテの硬化待ちの1時間でオマケを作ってみました
DSC01234.jpg
このスペシャルなオマケは、成型色を青で打っている事が大切なポイントなので
甲板の標識のみ塗装、スミ入れしただけで製作してみました。
メカコレってすぐに完成するので、息抜きには最適ですね。

さてさて、いよいよ明後日はキャラホビですね(正確には明日からですが)
特に告知もしていないようなのですが、当日はワンフェスで販売したガレージキット
「ガミラス艦3種」「古代」「山本ペンダント」も少々再販いたします。
ワンフェス用のページですが、価格などはこちらをご参考くださいませ。
ヤマトクルー・ワンフェス物販アイテム

さて、当日の準備をしながら、製作の手順などを考えておりますが
作例の様な細かいマスキング塗装がどこまで出来るかがポイントですね。
特にエレベーター標識など、0.3ミリに等間隔にテープを貼って行く悲しい作業…
このマスキングは約1時間…見ている方も「楽しいのかな?」と心配になる地味な作業
それだけが心配です(笑)

そうそう、ついでと言ってはナンですが
良く皆さんから「あの、黄色とオレンジのチェッカーは何?」と聞かれます。
(関係スタッフにまで聞かれるくらいです・笑)
OPにも使われている、正面ヤマトのキービジュアルをよーくご覧ください。左右舷側に描かれています。
これは米空母のエレベーター可動部周辺に書かれている“警告帯”です。
写真はキティホーク、甲板上の写真です。オッサン(失礼)の足元に何か写っていますね。
kitty768324.jpg
こちらは遥か昔、今は亡き秋葉原の大型模型店の店頭にて製作したニミッツ(途中写真)
エレベーターの周辺に警告帯が描かれています
ni.jpg
つまり「この床、動くで 気をつけな」という意味です。
通常の飛行甲板の場合、上下に昇降するのですが
これがヤマトの場合、側面に描かれています。
これを境に「ヘコむ」か「出っ張る」かの注意警告な訳です。
「ヘコむ」か「出っ張る」かした後、どうなるかは僕も知りません(笑)
…が「電撃ホビーマガジン2月号」にさらっと書いたような…??

ともかく、今回のヤマトは「喫水標識」や「主砲旋回警告帯」などのマーキングが
アップ時には多数描きこまれています。
ワンフェストークでも語りましたが、こう言うの見せられちゃうと
ついにヤマトもガン○ムやマ○ロスに追いついてきたと嬉しくなってしまいます。
そして、これらを再現したくなるのがモデラーなんですが、
やはり1/1000では限界がありますね(それで救われているとも言えますが…笑)
1/350で発売されたら、これらマーキングを完全再現してみたいですね。
(とか言いつつ、例の5mヤマトをリペイントした際は
 逆にデカすぎるのと足場ないために、喫水標識加えられただけでしたが…)

とにもかくにもあと2日
友人でスタッフの Oべえ も僕の隣でプラモを作るそうですので
(お前も俺と一緒に17時までは禁酒だな。笑)
皆さんも、気軽に遊びにいらしてください。

桜井




2012/08/24/Fri 12:34:21  未分類/CM(-)/TB(-)/

§ Modering GIG

正式発表になったので、足並み揃えてこちらでも発表です。
コンサート情報もついに解禁になったので
友人たちとやっと当日スケジュールの調整ができる(笑)

宇宙戦艦ヤマト2199公式サイト
http://yamato2199.net/news.html

と言う訳で、キャラホビ2日目(8月26日)
『宇宙戦艦ヤマト2199』ブースにて
バンダイ1/1000・2199版ヤマトプラモの製作実演を行います。

基本的には電撃ホビーマガジン今月号で紹介している
『成型色を活かしたフィニッシュ』で製作
10時からスタートして、17時には完成させます。

まずは皆さんが買いものダッシュしている(笑)14時頃までに組み上げ
その後、塗装に入る予定です。

「スタートから3時間で、Pライン&ゲート処理が出来るのか?」
「ヒケやエッジはどこまで対処するか?」
いろいろ考えておりますが、案ずるよりナントカ…
なんだかんだで1/1000製作も5つ目だし、なんとかなるでしょう(笑)

成型色を活かした簡単な塗装ではありますが、7時間で完成させる…
僕にとっても挑戦ですが
隣では、前人未到の挑戦をしている大先輩もいるので
弱音を吐くわけにはいきませんね
“やってみる” ではなく “やります!”

当日は黙々と作るのではなく、模型に関する疑問・質問にもお答えいたします。
「ココがうまくいかないんだよなぁ…」と悩んで手が止まっている方、
会場にプラモを持ってきませんか?
お教えするので、一緒に作りましょう。

1/1000ヤマトの成型色とまったく同じに調色した塗料も持参します。
「パーツが白化した…(泣)」なんて方、部品をお持ちください
リタッチ塗装いたします。

当日、エアブラシ塗装に関しては、まだ許可が降りていないので
どうなるかわかりませんが、可能な限り重装備で行く予定です

プラモデル初心者で、どうしていいかわからない方
プラモデルは久しぶりで、進化したバンダイプラモに戸惑っている方

少しでも手助けとになればと思っております。
部屋で悩んでいないで、幕張メッセまでお越しください。

僕と岩田氏、アマチュア時代の合言葉…

“人間、本気になれば月でも火星でも行ける
          それに比べれば・・・・模型くらい作れるさ”

今一度、そんな気分になってきました。


桜井  (また、17時まで呑めないけど…笑)


2012/08/17/Fri 13:57:30  未分類/CM(-)/TB(-)/

§ Reunion

ここ数日の事を…
10日/「のもぴ~のプラスティックラジオ・モデリングライブ」にゲスト出演
2012081112180000.jpg
出演者の野本さん・たかみさん・能登さん
そしてゲストの三澤さんやスタッフの皆様、お疲れ様でした。
非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。
三澤さんとはWF以来2週間ぶり、野本さんにいたっては3年ぶりの再会
更に会場では『アクセルワールド』原作者、川原さんとも初めてお逢いでき
とても有意義なひと時でした。

三澤さんご本人とも、改めて楽屋でいろいろお話ししましたが
若いのに、もの凄いプロ意識の持ち主だと改めて思いました。
更に、先日のワンフェスでも感じたことですが
三澤さんのファンは、本当にあたたかい人達ばかりですね。
それがステージまで伝わってきて感動いたしました。

皆さんが持ち込んでくれた、アイディアあふれる作品も沢山見せていただきましたが
何と言うか…模型に対して、僕が忘れかけていた“大切な物”を持っている人ばかりで
それに気付かせてもらっただけでも、参加してよかった。
今度は僕も作品作って参加させていただきます。

で、終演後に野本さんと記念撮影
(Tシャツに刻まれた『積むな つくれ』は名言です)。
2012081112160000.jpg
ステージでも語りましたが、野本さんとゆっくりお話したのは3年ぶり。
ご本人は忘れていると思いますが、実は野本さん、僕の人生には大きく関わってる人だったりします。
僕がこの世界に入るきっかけになった某模型店のコンテスト、
そこで当時(もう20年くらい前か…笑)審査員をしていたのが野本さんでした。
そこでで入賞させていただいた際、野本さんが書いてくださったコメントは今も大切に保管してあります。
アマチュア時代も、野本さんの作例を参考にタコを何体作ったことか…
今でこそ『ノモ研』で有名な方ですが、僕にとっては永遠に『日本一のボトムズ野郎』です(笑)。
ありがとうございました。またゆっくりお話しさせてください。

さてさて、翌11日
招待券をいただいたので、東京国際フォーラムにコレを聴きに行ってきた。
2012081211160001.jpg
“ダイブ”や“モッシュ”が横行するライブばかり行っている僕だが
さすがにこの日ばかりは座って鑑賞(笑)。
ヤマト共に、僕の人生を狂わせた6話からなるおとぎ話…
近年ヤマト三昧の僕でしたがでしたが、久しぶりにベイダー卿やヨーダ先生に再会、
やっぱりいいなあ(笑)。

夜は親友の“Q太郎”に加え、“K坊とNちゃん”2人の弟分と再会、居酒屋へ
昔話と近況報告であっという間の4時間だった。
201208121116000.jpg
“K坊とNちゃん”はいつの間にか嫁さんもらって、子供も産まれパパになっていた。
あれから8年…「結果的に、あのとき別れてよかったんだよ。」
お互い改めてそう言い合えるようになった。
これからもたまには呑みに行こう。
今度子供の出産祝いを兼ね、久しぶりにお前らの新居に室内花火をやりに行くよ(笑)。

とにかくみんな元気でよかった。
直接、再会した人たちだけでなく、しばらく逢っていなかった友人が
元気でやっている姿を見ると僕もも元気になれます。

世間はお盆休みだが、モデラーに休みはない
今日もがんばるか
あ、そろそろ“例の本”も作りはじめないと…

桜井


2012/08/13/Mon 13:30:19  未分類/CM(-)/TB(-)/

§ Plastics Radio

これから出かけます
向かう先は阿佐ヶ谷

何しに行くかと言うと…

のもぴ~プラスチックラジオ・オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nomo-p/entry-11306464000.html

阿佐ヶ谷ロフトA・スケジュール
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/schedule/per.cgi?form=&year=2012&mon=8&day=10

ゲスト出演でございます
ご興味のある方は是非いらしてくださいませ

で…偶然、今夜友人が阿佐ヶ谷で飲んでるとの事でお誘いが
http://metalmarony.blog122.fc2.com/

せっかくだし、久々に顔出してみるかな…
どうせ朝まで飲んでるだろうし(笑)

桜井

2012/08/10/Fri 12:34:45  未分類/CM(-)/TB(-)/

§ 1/500 “YAMATO”

みなさんが(TOMOさんも・笑)1/1000ヤマトを作っているときに、
僕は1/500を作ろうかと…
でも1/500と言っても“ヤマト”ではなく“大和”です(笑)。

この時期になると、日本人としてどうしても…ねぇ
大和だけでも3000人近い方が亡くなっているんですから…
大和の話もそのうち書きたいと思っていますが
それはまたの機会に。軽々しく出来る話ではないので…

さて、模型の話。
どうも1/500と言うイレギュラースケールは
ガチなスケールモデラーにはウケが悪いのようですが
なかなか良いキットとお見受けいたしました。
特に“ヤマト”と“大和”を並べるなら、良作キットで揃うのはこのスケールのみ!
ちょとした“野望”の秀作として、とりあえず素組んでみようかと思っています。
でも、素組みとは言ってもご覧ください。このエッチングの量…(笑)
asdkjb.jpg
通常パーツと違い部品注文もできないので、1パーツでも失敗したら約7000円の損失。
普通は挫けてしまうのでしょうが、このテンコ盛りのエッチングを見て燃えてしまうのがモデラーの性
「天一版で作るか?とれともレイテ版で作るか?」
と悩みながら船体部分を組み立て始めます。
対空装備を強化した最後の姿もいいですが、個人的には甲板を黒く塗ったレイテ時の大和も捨てがたい…
もう少し作りながら考えます。
基本は一緒なので考えるのは後に回して、まずは手を動かします。

ちなみに僕が買ったのは「レイテ沖海戦時」版ですが
コンパチキットなので「終焉型」(なんて悲しい言い回しだ…別の表現なかったのかなぁ)
と内容は全く同じです。買おうとしている方は安い方を買いましょう(笑)
しかし「終焉型」は高荷画伯のパッケージが最高なので、それだけで買う価値あるかもしれませんよ(笑)
なお「終焉型」「天一号作戦時」「菊水作戦時」「沖縄特攻作戦時」…全て同じ意味です。
「レイテ沖海戦時」「捷一号作戦時」も同じ事なので惑わされないよう御注意を。

『やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ』
と言ったのは、かつて第一艦橋…じゃなくて大和の戦闘指揮所にも居た
山本五十六・連合艦隊司令長官です。
模型誌で1/1000ヤマトの製作法はさんざん『言って聞かさせて』いただいたので、
次は実際に『やってみせる』か…と考えております(笑)

と言うわけで、今夜の打ち合わせ前に、とりあえず1/1000ヤマトを3個程買ってきます。
詳細は近日発表しますが、また幕張でお逢い出来る気がします。

桜井

2012/08/09/Thu 12:03:04  未分類/CM(-)/TB(-)/

§ You can make it Climbing high.

1/1000ヤマトが発売になり1週間以上が経過いたしましたね。
僕の所にも多くの友人からキットを購入したとの連絡が届いています。
(僕はまだ製品版を入手できていないのですが…笑)
今月の電撃ホビーマガジンでも製作方法方法のちょっとしたコツを掲載いたしましたが
初心者の方は、まずは“パチ組み”で製作されることをお勧めします。

中には30年ぶりにプラモデルを買ったと言う方もいて
近年のプラモデルの進化に驚いているようです。
特にパルスレーザー砲身の細かさにいささか戸惑っていたり
失敗を恐れている方が多いように感じました。

しかし…失敗を恐れてはいけません。
模型に限らず、何にでも失敗はつきものです。
人生には取り返しのつかない失敗もありますが
模型の失敗など、いくらでも取り返せます。
ぶっちゃけ部品注文するか、もう1個買えばいいだけ(笑)
部品注文も昔と違い「バンダイホビー・プロショップ」に行けば
店頭で注文するだけで取り寄せることが可能です。もちろんネット注文も可能です
(リンクを貼っておくので、お近くのプロショップを検索してみてください)
http://bandai-hobby.net/site/proshop_list.html
パーツは1個40円程度、恐れることはありません。

実際に僕も雑誌用の作例製作中、毎月失敗しています。
(いままでどれだけのキットをゴミ箱に送ったことか…笑)
しかし、失敗するからこそ 『次回作こそは!』 と次への意欲も湧いて来るわけで
正直、失敗もせず、満足行く作品が完成したら僕はモデラーを辞めるでしょう。
次の目標を探します。その方が人生有意義ってモンです。
しかし残念ながら、僕ははまだまだ道半ば、
失敗する事も、後悔する作品を作る事も毎回…その繰り返しです。
とにかく “1パーツ目を切り離す事” から全ては始まります。
恐れず、パーツを覆っているビニール袋を破って始めましょう!

で、一つだけ!
つや消しを缶スプレーで吹く方。とにかく缶をよく振ってください!!
先日、声優の三澤さんにも聴かれましたが
具体的には 『最低・100回振る事』 これがコツです。
よく振らないと缶の中に沈殿したつや消し顔料だけが出て
凍らせたように真っ白な“フローズン・ヤマト”になってしまうのでご注意ください。

さて、ついでですが今月号に載せる予定だった『製作本文』を掲載しておきます。
僕の駄文よりも、途中写真を1枚でも多く載せた方が有意義と考え、直前で割愛したものです。
何かの役に立てばと思い、ここに残しておきます。

***********************************
 先月公開された第2章に続き、いよいよ2199版ヤマトが発売されました。スケールは1/1000と言う小さいながらも、今回のヤマトは333メートル設定の為、キット全長も33センチと言うボリューミーな物となっております。
キットは波動エンジンと2199で一新された格納庫を再現、半メカニックモデル仕様となっております。もちろん多色成型の色プラ仕様なので、塗装をしなくても2トーンのヤマトが組みあがります。
 そこで今回は成型色を活かしたフィニッシュで製作してみました。と言うのも、ここ数年、何らかの形態で新規キットがリリースされているヤマトですが、高価で巨大な1/350、DVD特典としての限定版1/700と簡単には購入・製作が出来ないキットも含まれておりました。せっかく盛り上がっている2199ですので、「昔は作ったなぁ…」と模型から離れて久しい方や、模型を敬遠しがちな女性ヤマトファンにも、この機会に是非製作していただきたいと思い、出来る限り高度な技法を避けて手軽で簡単に2199版ヤマトを仕上げる方法をお送りしてみました。
ヤマトファンの中には昭和の“ヤマプラ”以来、プラモデルから遠ざかっている方も多いのが現状…そんな方に現在のバンダイプラモデル進化ぶりを堪能していただくには、所謂『簡単フィニッシュ』がベストだと思います。
特に今回ウエザリングに使用したツールは、僕等男性モデラーよりも経験値的にも、基本的スキルにおいても女性の方がは遥かに上だと思います。本来のアイシャドウなどは色も豊富で、季節ごとに新色が発売されているほどなので、ドラッグストアーなどで使えそうな色を見かけたら試してみるのも面白いと思います。
作品だけでなく模型としてもリメイクされた1/1000ヤマト。是非この機会に皆さんも組み立てみてください。
***********************************

さてさて、今宵は仕事の後、ワンフェスの打ち上げです。
TOMOさん、“呑み方用意”ですよ!(笑)

桜井
2012/08/07/Tue 09:42:12  未分類/CM(-)/TB(-)/
MAIN
copyright © 2006 TEAM TACO blog(仮). All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。