TEAM TACO blog(仮)

プロモデラー岩田トシオ・桜井信之の2名による・きまぐれ雑談場。模型のことなんて書くと思うなよ!!

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ IRONCLAD

趣味の模型と言えばもっぱら車か船なのだが
最近は1/350の艦船模型ばかり作っていた
新製品が多く、純正のエッチングなども同時発売されていて
めちゃくちゃ便利
根性さえあれば非常に精密な完成品が
ある意味“素組み”で出来上がるからだ

最近、ちょっとしたきっかけで
久々に1/700・WLを作ってみようと思い
参考に友人でプロモデラーの大木清太郎氏の作品集を開いてみた
5年ぶりくらいに見たそれらの作品達は
溜息が出るほどの出来栄え
中には20代に製作した作品も掲載されている
鋼鉄の鳳凰―日本海軍艦艇模型作品集〈2〉 (日本海軍艦艇模型作品集 (2))鋼鉄の鳳凰―日本海軍艦艇模型作品集〈2〉 (日本海軍艦艇模型作品集 (2))
(2004/11)
大木 清太郎

商品詳細を見る

●これは空母中心の作品集【鋼鉄の鳳凰】。本当に凄いよ!
 もう一冊、戦艦軍の作品を収録した【鋼鉄の艨艟】がある


仕事柄、多くの友人モデラーがいるが
彼は確実に“天才肌”のモデラーで
努力や修練だけではたどり着けない“何か”を持っている人
彼の登場で、艦船モデルの世界は一夜にして変わってしまった
それほどショックを与える作品達
彼の作品は細部まで作りこまれているだけではない
そこに“人間の存在”を感じる事が出来る
決して1/700のフィギュアが配置されているという事ではない
全ては“人間”を表現するための手段として作られており
細かく作りこまれた艦船模型は
そのドラマの舞台として製作されている

こんな作品を20代後半から30代前半に製作してしまうとは……
正直、頭を抱えてしまった(笑)
最近彼は“地球”ではなく“宇宙”の艦艇をメインに作っているが
久々に彼のWLの新作も見たいな(さりげなくリクエスト・笑)
僕も仕事の合間に半年くらいかけて製作してみようと思う

週末は新年会ついでに買い出しだ
「どんな模型を作るか?」を妄想しながら
模型店で物色している時が一番しあわせなんだよなぁ……
そのあとは楽しみながら苦しむ、妙な作業が続くので(笑)

桜井




スポンサーサイト

2014/01/14/Tue 12:21:34  未分類/CM(-)/TB(-)/
MAIN
copyright © 2006 TEAM TACO blog(仮). All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。