TEAM TACO blog(仮)

プロモデラー岩田トシオ・桜井信之の2名による・きまぐれ雑談場。模型のことなんて書くと思うなよ!!

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ KENZI&THE TRIPS

相方が昆虫話しをしているので、僕も模型と同じく
僕の人生で大切な友人“音楽”の話でも…

先日、編集部に納品に行った帰りに、久しぶりにタワーレコードに寄ってみた。
その日はへヴィメタルの輸入版を探しに行ったのだが
ふと、JAP PUNKのコーナーを覗いてみたら、奇跡のCDに出会った。

kenzi1.jpg

1985年に今はなき“シティロッカー”から発売され
瞬く間に売り切れ、廃盤となったケンヂの1stアルバム
『BRAVO JOHNNEYは今夜もHAPPY END』。
諸般の理由により絶対に再発はないはずのアルバムで、
事実23年もの長きに渡り、ファンの間では
「幻の1st」と言われていた作品だ。
何の情報も聞いていなかったので、店頭で見つけたときは頭を鈍器で殴られたような衝撃だった。
ちなみに、このアルバムのプレミアは僕が見た限りで最高11万円。
どんな理由で再発の運びとなったかは知らないが、とにかく嬉しい限りだ。

今も現役で歌い続ける「裸足のロッカー・ケンヂ」
メジャーデビューと同時にKENZI&THE TRIPS とバンド名を変更。
当時“ビートパンク”という名称は、日和見で甘口なパンクバンドに送られる言葉だったが、
KENZIの書く詩は、他のパンクロックにはない独特なものがある。
今も音楽を聴く量はかなりのものだが
少なくとも、21世紀に入ってから今日まで、
パンクロックを聞いて泣いたのは、彼の曲「天国からの手紙」だけだ。

*************************

子供のケンカと言わないで 昔と比べて済ませないで
僕らは毎日命がけ 戦ってみたんです

ねぇキャスター ねぇキャスター 教育革命訴えて
ねぇキャスター 頼んだよ The Letter From Heaven

知らないはずはないじゃない 見てないふりはないじゃない
僕らは毎日通ったよ 命がけ通ったよ

ねぇティーチャー ねぇティーチャー 地方公務員 あなたです
ねぇティーチャーー 聞こえてる? The Letter From Heaven

この道以外の選択は どうしても見つからない
僕らで選べる選択は 限られていたんです

ねぇマザー ねぇファザー この次会えたら相談ね
ねぇマザー 約束ね The Letter From Heaven

ねぇマザー ねぇファザー この次会えたら相談ね
ねぇマザー サヨウナラ The Letter From Heaven
*************************

久しぶりにKENZI&THE TRIPSのライブが見たくなってきた。
模型業界の友人で、KENZIの話で盛り上がれるのは一人しかいないのだが(笑)、
W田ちゃん、どうだい? 久々に暴れに行かないか?

桜井
スポンサーサイト

2008/07/09/Wed 16:50:41  未分類/CM(-)/TB(-)/
MAIN
copyright © 2006 TEAM TACO blog(仮). All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。