TEAM TACO blog(仮)

プロモデラー岩田トシオ・桜井信之の2名による・きまぐれ雑談場。模型のことなんて書くと思うなよ!!

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 命日

今年もまた3月19日が来る。
イベントや公式の場で、僕のスーツ姿を見た人ならわかると思うが
水玉のネクタイを好んで着用するのは、ランディローズと言うギタリストの影響だ。
1.jpg
今日は、そんなランディの話を少し…

彼はハイスクールの時に“クワイエット・ライオット”と言うバンドを結成。
LAで評判になり、日本のみで2枚のアルバムをリリースしたが、
残念ながら全米での評価を得るまでには至らなかった。

そんな彼に転機が訪れたのは“オジー・オズボーン”との出会いであった。
1979年、失意の想いで“ブラック・サバス”を脱退したオジーは、
自身のバンド結成の為にギタリストを探していた。
そんなオジーのオーディションに小さなアンプを抱えてやって来たランディを
オジーはウォーミングアップを聞いただけで採用する…

1981年、新生“オジーオズボーン・バンド”は
2月にアルバム 「BLIZZARD OF OZZ」を発表する
復活したオジーを歓迎すると共に
『新生オジーバンドのギタリストは凄い!』
そんな噂が、ファンの間で流れはじめていた。

ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説(紙ジャケット仕様)ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説(紙ジャケット仕様)
(2007/06/20)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る

その年の12月 にはヘヴィメタルの歴史的名盤となる
「DIARY OF A MADMAN」を発表。

ダイアリー・オブ・ア・マッドマン(紙ジャケット仕様)ダイアリー・オブ・ア・マッドマン(紙ジャケット仕様)
(2007/06/20)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る

当時、黒魔術のイメージでカリスマ性を発揮していたオジーと、
美しくクラシカルなメロディを奏でるランディの絶妙なコラボレーションは
「悪魔と天使」と形容され、ヴァン・ヘイレン をと並び絶大な評価を得ていた。

このアルバムのオープニングを飾る
「OVER THE MOUNTAIN」はヘヴィメタルキッズの“賛歌”となり
さらに“名匠ドンエイリー”を加えたオジーバンドは
翌1982年からアメリカツアーで無敵の快進撃を開始。
7月9日~15日まで、初の日本ツアーも発表された。

ところが…全ての望みは突然、終わりを告げる…
 
3月19日、ランディ・ローズは小型飛行機の墜落事故により突然他界。
享年25歳、あまりにも悲劇的な出来事だった…

あれから27年。今宵も唯一のオフィシャルライブレコーディングである
『TRIBUTE』を聞きながら,一杯やるのが、僕の毎年の通例だ。
トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐトリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ
(2002/06/19)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る

『一度でいいからランディの生演奏を聞きたかった…』
このアルバムはそんな僕の想いに拍車をかける…

ランディ・ローズ
それは、ヘヴィメタル/ハードロックがこの世に存在する限り
永遠に語り継がれていくギタリスト…

ran1

桜井
 
スポンサーサイト

2009/03/18/Wed 01:47:39  未分類/CM(-)/TB(-)/
MAIN
copyright © 2006 TEAM TACO blog(仮). All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。