TEAM TACO blog(仮)

プロモデラー岩田トシオ・桜井信之の2名による・きまぐれ雑談場。模型のことなんて書くと思うなよ!!

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ You can make it Climbing high.

1/1000ヤマトが発売になり1週間以上が経過いたしましたね。
僕の所にも多くの友人からキットを購入したとの連絡が届いています。
(僕はまだ製品版を入手できていないのですが…笑)
今月の電撃ホビーマガジンでも製作方法方法のちょっとしたコツを掲載いたしましたが
初心者の方は、まずは“パチ組み”で製作されることをお勧めします。

中には30年ぶりにプラモデルを買ったと言う方もいて
近年のプラモデルの進化に驚いているようです。
特にパルスレーザー砲身の細かさにいささか戸惑っていたり
失敗を恐れている方が多いように感じました。

しかし…失敗を恐れてはいけません。
模型に限らず、何にでも失敗はつきものです。
人生には取り返しのつかない失敗もありますが
模型の失敗など、いくらでも取り返せます。
ぶっちゃけ部品注文するか、もう1個買えばいいだけ(笑)
部品注文も昔と違い「バンダイホビー・プロショップ」に行けば
店頭で注文するだけで取り寄せることが可能です。もちろんネット注文も可能です
(リンクを貼っておくので、お近くのプロショップを検索してみてください)
http://bandai-hobby.net/site/proshop_list.html
パーツは1個40円程度、恐れることはありません。

実際に僕も雑誌用の作例製作中、毎月失敗しています。
(いままでどれだけのキットをゴミ箱に送ったことか…笑)
しかし、失敗するからこそ 『次回作こそは!』 と次への意欲も湧いて来るわけで
正直、失敗もせず、満足行く作品が完成したら僕はモデラーを辞めるでしょう。
次の目標を探します。その方が人生有意義ってモンです。
しかし残念ながら、僕ははまだまだ道半ば、
失敗する事も、後悔する作品を作る事も毎回…その繰り返しです。
とにかく “1パーツ目を切り離す事” から全ては始まります。
恐れず、パーツを覆っているビニール袋を破って始めましょう!

で、一つだけ!
つや消しを缶スプレーで吹く方。とにかく缶をよく振ってください!!
先日、声優の三澤さんにも聴かれましたが
具体的には 『最低・100回振る事』 これがコツです。
よく振らないと缶の中に沈殿したつや消し顔料だけが出て
凍らせたように真っ白な“フローズン・ヤマト”になってしまうのでご注意ください。

さて、ついでですが今月号に載せる予定だった『製作本文』を掲載しておきます。
僕の駄文よりも、途中写真を1枚でも多く載せた方が有意義と考え、直前で割愛したものです。
何かの役に立てばと思い、ここに残しておきます。

***********************************
 先月公開された第2章に続き、いよいよ2199版ヤマトが発売されました。スケールは1/1000と言う小さいながらも、今回のヤマトは333メートル設定の為、キット全長も33センチと言うボリューミーな物となっております。
キットは波動エンジンと2199で一新された格納庫を再現、半メカニックモデル仕様となっております。もちろん多色成型の色プラ仕様なので、塗装をしなくても2トーンのヤマトが組みあがります。
 そこで今回は成型色を活かしたフィニッシュで製作してみました。と言うのも、ここ数年、何らかの形態で新規キットがリリースされているヤマトですが、高価で巨大な1/350、DVD特典としての限定版1/700と簡単には購入・製作が出来ないキットも含まれておりました。せっかく盛り上がっている2199ですので、「昔は作ったなぁ…」と模型から離れて久しい方や、模型を敬遠しがちな女性ヤマトファンにも、この機会に是非製作していただきたいと思い、出来る限り高度な技法を避けて手軽で簡単に2199版ヤマトを仕上げる方法をお送りしてみました。
ヤマトファンの中には昭和の“ヤマプラ”以来、プラモデルから遠ざかっている方も多いのが現状…そんな方に現在のバンダイプラモデル進化ぶりを堪能していただくには、所謂『簡単フィニッシュ』がベストだと思います。
特に今回ウエザリングに使用したツールは、僕等男性モデラーよりも経験値的にも、基本的スキルにおいても女性の方がは遥かに上だと思います。本来のアイシャドウなどは色も豊富で、季節ごとに新色が発売されているほどなので、ドラッグストアーなどで使えそうな色を見かけたら試してみるのも面白いと思います。
作品だけでなく模型としてもリメイクされた1/1000ヤマト。是非この機会に皆さんも組み立てみてください。
***********************************

さてさて、今宵は仕事の後、ワンフェスの打ち上げです。
TOMOさん、“呑み方用意”ですよ!(笑)

桜井
スポンサーサイト

2012/08/07/Tue 09:42:12  未分類/CM(-)/TB(-)/
MAIN
copyright © 2006 TEAM TACO blog(仮). All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。